たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  八王子市 八王子市

2017年09月05日

鈴木悠介の長期的な投資



鈴木悠介

【用語】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引:ハイリスクハイリターンの投資も可能)で儲ける方法:為替の揺れを主に利用する為替の差益得るものと、取引する通貨の金利の高低の差額相当を得る少し複雑なスワップの二通りがあるのです。
よく見かける株式投資関連の企業のサイトだとか、市販されている関連マニュアルでは、テクニカル分析(過去に実際に起きた動向から、今後についての予想を行う分析法)が不可欠とし、分析に必要なチャートの使い方とか分析方法などをとても丁寧に紹介しているのだ。
【知っておきたい】FX(外国の通貨の売買で利益を得る取引だがハイリスクハイリターンの投資)で儲ける方法はご存じのとおり、為替の変化によって儲ける為替差益という方法と、取引する通貨同士の金利の差額(実質上の金利)相当のスワップという方法の二通りがあげられます。
近年、偽造・盗難キャッシュカードとか振り込め詐欺、ついにはインターネット上におけるIDなど情報詐取などが原因の損害等新しいタイプの銀行取引に直接的に関わる金融犯罪の増加が深刻な社会問題となっているのだ。
【経済の基礎】コール市場という用語は、銀行間取引のひとつで短期金融市場の代表的なものです。呼び名の「コール」というのは英語で呼ぶという意味の「call」で、呼べばすぐに返ってくるというくらい短期間の貸付をするため、こう呼ばれているのだ。
最近増えてきた、デリバティブというのは伝統的・古典的な金融取引、実物商品及び債権取引の相場の変動が原因のリスクをかわすために完成された金融商品をいい、金融派生商品ともいわれる。
【ポイント】金融商品であるとかサービスなど投資の対象となるものには、少なからず、商品やサービスにリスクが内在している。だからこそ金融商品やサービスに投資する場合は、そのようなリスクが存在しているを理解したうえでの取引を行う。
【ポイント】テレホン・マーケット(取引主体間の意思疎通が電話連絡で行われて取引が成立するマーケット)のうち代表的なものを問われたら、インターバンク市場(金融機関が相互の資金の運用と調達を行う特殊な市場。取引に参加できるのは金融機関に限定され、資金の出し手、取り手の間を短資会社が仲介している)として有名な外国為替市場( Foreign exchange market、外国為替取引が行われる市場。外為市場とも)や銀行間取引である1年未満の資金貸借を行う短期金融市場であるコール市場
勘違いが多いけれど、金融商品と関連がある全ての業務が証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法(金商法)の定めに基づいて、規制されているかというと、そうではなくて、具体的には通貨の売買に係る取引(両替業務)にについてなら金融商品取引業の登録は要求されない。
【知っておきたい】ファンダメンタル分析について⇒株式銘柄とか市場の本質的な情報の分析をする手法です。先物取引であったり為替では、経済や金利、製品、賃金など、企業の全般的な状況に注目します。
知っておきたい用語であるFXは、簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出すハイリスク、ハイリターンな取引です。ほかの外貨預金や外貨MMFよりずいぶんと利回りが高いことに加え、為替コストも安いのが魅力である。始めるには証券会社やFX会社で相談を。
ということは、第二種金融商品取引業者(第一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たな金融商品としてファンドを開発し、それを健全な運営を続けるためには、とんでもなく数の、業者が「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに法律等により定められている。
難しそうだが、外貨MMFについて。現在、日本国内で売買することができる外貨建て商品のことである。外貨預金と比較して利回りがかなり高いうえ、為替の変動によって発生した利益は非課税というメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
【豆知識】株式投資では、特別でなければ信用取引ではなく現物取引(投資金額の範囲での取引)での長期的な投資をするスタイルを考えるのであれば、それほど大きなリスクを背負わずに資産を運用する事が可能だ。
よく聞くコトバ、外貨預金とは?⇒銀行で取り扱う外貨建ての商品。米ドルなど外国通貨によって預金するもの。為替変動による利益を得ることがある反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。

【解説】金融ビッグバンって?20年近く前に日本で村山内閣が退陣した1996年(平成8年)から中央省庁が再編された平成13年までの間に展開された金融業界全体のわが国では初めての抜本的な金融制度改革を宇宙誕生に例えたコトバなのである。
【投資で失敗しないために】アセットアロケーション:金利と株さらに為替はぴったりと関わり合っており、全ての動きから常に目を離さないことが最重要。興味のある金融商品だけではなく、他の商品にも必ず資産を分散してうまく投資する方法が重要です。
簡単?!デリバティブっていうのは伝統的・古典的な金融取引、実物商品及び債権取引の相場変動によって生まれた危険性から逃れるために考え出された金融商品全体のことであって、金融派生商品と呼ばれることもある。
【金融商品】アセットアロケーションの基礎。投資配分(投資配分)は一回決めてそれがおしまいではないのです。出来上がったアセット(資産)アロケーション(配分)の運用状態を日ごろから研究し続けることが重要です。
タンス預金の盲点⇒インフレの局面では、物価が上がれば上がるほど現金は価値が目減りすることを知っておこう。たちまち生活に必要のないお金であるのなら、タンス預金をやめて安全なうえ金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法により、保険を取り扱う企業は生命保険会社あるいは損害保険会社に2つに分かれることになった。2つとも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている者を除いて経営してはいけないとされている。
【トラブル】先物取引の知識。「証拠金(補償金)取引」制度を取引に取り入れている金融商品。このため限られた資金からでも売買などの取引が可能であるため、ハイリスク・ハイリターンといった投資スタイルも可能です。
実は、金融商品と関連する取引業務のどれもが証券市場における有価証券の発行・売買その他の取引について規定した金融商品取引法の定めに基づいて、規制を受けているのではなくて、例をあげれば通貨の売買の取引(両替業務)にに関してであれば金融商品取引業の登録の必要なし。
投資を行って利益をあげる為には、多かれ少なかれリスクを背負う必要があるのですが、多彩な投資の種類や投資の方法をきちんと選ぶ事で、いくらかリスクの回避が可能と考えられる。
世にいう「投機家」とか「トレーダー」が一般的な株式の買いに加え、空売りという手段による特別な売り注文からも入るという事実に対し、一般的な投資家はたいていの場合、「買い」から入るものである。。
格付け(信用格付け)の長所は、難解な財務に関する資料等を読みこなすことが不可能であっても評価された金融機関の財務の状況や経営状態が判断できる点にあるのだ。ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することも可能ということ。
西暦2000年7月、当時の大蔵省より金融制度の企画立案の事務を新たに移管し1998年に発足した金融監督庁を金融庁という新組織に再編。そして平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となった。
【知っておきたい】先物取引というのは、「証拠金制度」という制度を取引に取り入れている金融商品で、ささやかな資金からでも手軽に取引が可能。したがってハイリスク・ハイリターンといった投資方法も可能。
【常識】株式投資では、普通は現物取引(投資金額までの取引)によって長期的(短期的ではない)な投資をするような取引のスタイルを使えば、それほど大きな危険性を背負わなくても投資で運用することができるわけです。
FX(エフエックス):一般的には外国の通貨を売買した差額によって補償金の何倍もの利益を出す取引なのである。外貨預金や外貨MMFなどより利回りが良く、また手数料等も安いという特徴がある。興味があれば証券会社やFX会社で相談しよう。



  • Posted by おおおうこ at 19:45│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    鈴木悠介の長期的な投資
      コメント(0)